こぶしにちからを

思いつきの人生ログ

2018 GW ツーリング 2日目

2018年05月05日(土)

青い拳士です( ゚Д゚)

 

f:id:muusan0726:20180526170350j:image

f:id:muusan0726:20180526170254j:image

6:00 起床

朝は、念願のホットサンドを作ります。

去年の11月にキャンプツーリング行く予定だったのですが、雨に降られてなくなった・・・。その時、朝はホットサンドやりたいと思って購入したのです。

 

今回のツーリングで初調理。楽しみ。

昨日のショッピングセンターで、食パンとコロッケを購入してありました。

どれくらい焼けばいいのか、いまいちわからないので試しに片面5分としておきます。

f:id:muusan0726:20180526170324j:image

できた。最初の面がちょっと焼き足りなかったです。十分温めてから5分数えたほうがよいか。いままで料理する時、時間は適当に計っていましたが、iPHONEという文明の利器を使うほうが、おいしいものができるとわかるし、次回につながる調理ができることもあるし、積極的に使っています。

 

2回目も同様に5分でやります。

 

 

できた!1回目よりもいい!

ホットサンド正解ですよ。うん、いい!おすすめです。

友達も絶賛していました。

 

そろそろ準備して出発しましょう。

この時点で能登半島行くのは、あきらめています。はやすぎですが、無理とわかったら別予定を立てます。

今日は、三国のらっきょうラーメンが目的です。知らなかったですが、三国はらっきょうの名産地であります。

 

8:30 出発

海岸線をひたすら北上します。

 

9:50 呼鳥門園地

f:id:muusan0726:20180526170609j:image

f:id:muusan0726:20180526171154j:image

おお、自然のトンネルができてる。いまは通行できないですが、15年前までは、道路として機能していたそう。すごい。

 

快適に走っていると、途中に砂。なんだあれ?

らっきょう畑だそう。らっきょうって、砂地でつくるのか。

 

11:00 道の駅 みくにふれあいパーク

f:id:muusan0726:20180710082453j:image
f:id:muusan0726:20180710082459j:image

ここでらっきょうラーメンを食べます。チャーハンもあるみたいなので、友達とシェアします。

 

らっきょう、うまいなぁ。まぁ、ラーメンは普通です。

チャーハンも普通ですが、らっきょうは、うまいです。これまた、1年分のらっきょうを食べました。

道の駅のお店をぶらぶらしまして、出発。

 

13:30 雄島

f:id:muusan0726:20180710082602j:image
f:id:muusan0726:20180710082557j:image
f:id:muusan0726:20180710082554j:image

東尋坊の北にある島。赤い橋を渡って、島に行きます。

ここは、眺めがいいです。ちょっと、神秘的な雰囲気があり、島を歩くのも楽しい。

1周約30分ほど。時計回りにまわるのがよいそう。反時計回りにまわるとたたりにあうやらなにやら・・・。

知らない人は、反時計まわりにまわってましたが。

1時間ほど滞在。

 

15:00 丸岡城

f:id:muusan0726:20180710082700j:image
f:id:muusan0726:20180710082656j:image
f:id:muusan0726:20180710082711j:image
f:id:muusan0726:20180710082705j:image

城に行きたい!と私のリクエストで寄ってもらいました。

なかなか雰囲気がある城です。日本最古の天守がある城なのだそう。

 

ここで、今日キャンプするところを探します。近くにないのよ。もう能登半島あきらめているから、北でなく、南にあるキャンプ場を探します。

 

海沿いは走っている時は問題なかったのですが、内地は暑い。冬装備が仇となり、頭もぼーっとしていました。途中で、夏装備に変身。

 

めちゃくちゃ涼しいー。快適になった。ありえんぐらい気持ちいい。初めからこうしておけばよかった。脱いだり、着たりするのめんどくさいけど、ちゃんとやるとバイクは気持ちいいね。

 

18:00 SSTランド

f:id:muusan0726:20180710082800j:image
f:id:muusan0726:20180710082756j:image

電話で、今日空いているか聞いたところ、空いているとのこと。近くにお風呂があるのか、お店があるのか聞いたところ丁寧に教えて頂きました。まあ、近くにはないから、寄ってから来てねでしたけど。

時間も時間だったので、風呂はなし・・・。明日の朝入ろうということになりました。

 

綺麗な芝生に、テントを設営。

晩酌の準備をして、

 

夜は、やはり冷え込む。炭火なしでは、凍えてしまうぜよ。

23:00には就寝。

2018 GW ツーリング

2018年05月04日(金)

青い拳士です( ;∀;)

今日から友達と2泊3日でバイクツーリングに行ってきます。

目標は、能登半島1周。初めてのキャンプツーリングでドキドキです。

今回は、初めてのことが多いです。

バイクで高速に乗る。

バイクにキャンプ道具を積む。

合計900キロは乗る。

 

大丈夫かしら・・・。

 

8:00 友達のうちに集合。

荷物をバイクに乗せる。紐でくくる。こんな紐だけで高速走行大丈夫なのか不安になるも、多くのバイカーは、そのようにするとのこと。マジか。

f:id:muusan0726:20180526161205j:image

その後、ネットをかけて、固定。荷物を押したり、引いたりしてもずれない。すげえ紐とネットでここまで固定できるんだ。

 

9:00 出発

まずは、東名高速名古屋へ。ドキドキで手あせがすごい笑

今回高速に乗るから、冬装備に近い形。夏用のジャケットの下にダウンジャケットを仕込み、下は冬用のパンツ。

 

高速に入るー。安全の80キロ走行。これなら余裕ですなぁ( *´艸`)

小牧あたりで渋滞につかまるも、バイクならではのすり抜け。そしたら、警察に注意される。「そこのバイク、車道に沿って走りなさい」危うく、ゴールド免許でなくなるところやった。

1時間ほど走って、養老サービスエリアで休憩。

あんまん食べて空腹を紛らわす。今日は、朝ごはん食べてないので、昼まで我慢できなかった。

f:id:muusan0726:20180526161245j:image

f:id:muusan0726:20180526161314j:image

休憩終了で走り始め、敦賀インターで降りる。

「昼なにするー?」、「うーーーん」、この辺の飲食店知らないからGoogle先生に教えを乞う。

「さかなセンターがあるよ」、「行ったことあるなぁー昔に」、「うーーーん」

「ヨーロッパ軒ってのがあるよ」、「知らない。なにそれ」、「ソースかつの店」、

よし、そこに行こう。すぐそこ。まだやっている。

 

13:30 ヨーロッパ軒

バイク、車がたくさん止まっている。

ただ、準備中の札が。GW中は、営業時間が違うのか、すでに売り切れたのかわかりませんが、とにかく食べられない。

「さかなセンター行くか・・・」

 

結局、さかなセンターに行きました。

 

とりあえず、店内を1周しまして

とても鯖焼きのいい匂いのしていた店に決定。

1年分の鯖を食べました笑

f:id:muusan0726:20180526161406j:image
f:id:muusan0726:20180526161401j:image
f:id:muusan0726:20180526161447j:image

15:00 水晶浜海水浴場

きれいな海。海外の人の割合高い笑。サーファーも多かった。

f:id:muusan0726:20180526161534j:image

 

気比の松原に行き・・

ここで日本三大松原制覇となりました。

f:id:muusan0726:20180526161517j:image

この時点で時刻は16:00。寝床を探さねば。

いつもながら、寝床探すのギリギリの攻防。

理想は、17:00に買い出し、風呂済ませた状態でキャンプ場にチェックイン。

3年前からキャンプし始めたけど、一回もできたことない。

 

能登半島に行くのに、まだこの辺にいるのは、なんだか・・・。

とにかく近づくために、すこしでも北にあるキャンプ場を探すことに。

 

電話予約したキャンプ場の受付が17:00まで。

ギリギリだ・・・。走れーーーー

 

17:05 金華山グリーンランド

管理人さんがとても親切で、遅れたことも怒られなかった。よかった。

ここのキャンプ場は、とてもいい所で、ファミキャンの人がいるくらいで、うるさくない。静か。

テントの設営して、買い出しと風呂に行きましょう。

 

あたりがうす暗くなったころ、出発。

まずは、風呂に。

 

18:30 越前御老公の湯

 

近くのショッピングセンターらしきところで買い出し。

あたりは真っ暗。迷いながら、キャンプ場に戻る。

怖い・・怖い・・・夜道もバイクでほとんど乗ったことないことに気づく。

友達が先頭走ってくれるからいいけど、一人なら完全迷子だな・・・。

 

キャンプ場に戻り、火を起す。

やっぱ、山の上のほうは、寒い。バイク冬装備を着込む。

今日の晩御飯は、お惣菜メイン。ほとんど売り切れで、同じようなものばっか。

ご飯が売り切れたため、サトウのごはんもどきを購入していた友達は、クッカーでお湯を温めて、投入。「クッカーのサイズに、ご飯がでかくてはいらーん」とぼやいて、折りたたんで突っ込んでました。

できあがりは、「あったかくなってるー」でした。

 

ビール500×1本と、焼酎ハイボール500×1本を飲む。

とっても気持ちいいー。やっぱ、酒だね。キャンプは。

 

23:30ごろ就寝。気もはってたし、めちゃくちゃ疲れた・・・。

 

 

東京ウォーク3日目

2018年05月01日(火)

 

青い拳士です( ´∀`)

 

今日は、ぶらり一人旅後、友達と会って、愛知に帰ります。

 

浅草あたりをぶらり。

かの有名な、吉原を散策。ぐふふ。

f:id:muusan0726:20180509220029j:image

吉原神社で祈願!

 

その後、お腹が空いたのでとんかつ屋に入りました。ランチを食べる。

そういえば、昨日もとんかつ食べたことに気づく笑

f:id:muusan0726:20180509220103j:image

f:id:muusan0726:20180509220125j:image

 

それから、スカイツリーを目指してひたすら歩きます。

 

f:id:muusan0726:20180509220350j:image

f:id:muusan0726:20180509220416j:image

徐々に近づくスカイツリー

墨田川をぶらり歩き

う○こが!

f:id:muusan0726:20180509220453j:image

公園を抜け

f:id:muusan0726:20180509220552j:image

たどりついたは東京ソラマチ

聞いたことあったけど、ここにあったんだーと思い、ブラブラしていました。

暑いので、ソフトを購入。

f:id:muusan0726:20180509220507j:image

うまい!濃厚でザクザク。楽しい。

それから、またまた墨田川を歩いて、両国へ。

相撲の聖地、両国国技館へ。

f:id:muusan0726:20180509220644j:image

 

雷電って、すごいし、かっこいい。

それから、江戸東京博物館へ。

f:id:muusan0726:20180509220720j:imagef:id:muusan0726:20180509220735j:imagef:id:muusan0726:20180509220749j:image

 

 

江戸ッ子に興味あります。そのころの江戸市民は、独身が多かったとどっかのサイトで見ました。独身で、いろいろ楽しんむ方法を江戸ッ子は知っているはず!

と思い、ひたすら学習。

って、そんなことは載ってなかった。

吉原の遊女は、ブラック企業に勤めていたことをしる。毎日暇なし…大変すぎ。

昼も夜も仕事していることを知る。

 

それから、皇居に行く。

f:id:muusan0726:20180509220904j:image

f:id:muusan0726:20180509220939j:imagef:id:muusan0726:20180509220918j:image

東京のど真ん中で、こんなだだっ広いところがあるのは驚きです。

ぶらぶら歩いて、東京駅へ戻る。

 

友達と合流して(迷子になりつつ)、エビスバーへ。

f:id:muusan0726:20180509221011j:image

それから、秋田の酒を飲んで、

f:id:muusan0726:20180509221030j:image

新幹線で愛知に戻り、終電ギリギリで自宅へ。

 

楽しかった2泊3日!

 

お土産!

f:id:muusan0726:20180509221053j:image

大丸で購入。めちゃくちゃうまいバームクーヘン。しっかり芽のほうが好き!

 

今度は、孤独のグルメ巡礼の旅がしたい!

(初日のかるかやは、孤独のグルメでゴローさんが訪れた場所)

東京ウォーク2日目

2018年04月30日(月)

 

青い拳士です( ´∀`)

東京2日目、今日は東京ではなく、千葉に行ってきました笑

東京ウォークと書いておきながらですが。

 

池袋から東京メトロ丸ノ内線に乗り、東京駅へ。約20分。

東京駅から総武本線快速で千葉県千葉市稲毛駅へ。約40分

ここで友達と合流し、ZOZOマリンスタジアムへ向かう。

昨日、ロッテVS日ハムのチケットをとったのです。久々の野球観戦。楽しみです。

 

14時 試合開始

f:id:muusan0726:20180509213133j:image

f:id:muusan0726:20180509213154j:image

ZOZOマリンスタジアムはとっても綺麗。

そして、ロッテファンのユニがめちゃカッコいい。今日は、特別な日みたいで、みんなお揃いのユニを着て応援。

f:id:muusan0726:20180509213220j:image

f:id:muusan0726:20180509213220j:image

f:id:muusan0726:20180509213305j:image

ちなみに私達は日ハム側の応援席だったので、こじんまりしてました。

が、日ハムの応援は熱い!カッコいい!

YouTubeでチャンステーマを前日に勉強したんだけど、実際やってみると難しい…

でも雰囲気でやっちゃいました。 

 

関東限定チャンステーマ
【前奏後:●●!】
今だ このチャンスで燃え上がれ(行け!打て!)
今だ このチャンスで勝負を決めろ(オイ!オイ!オイ!オイ!)
今だ このチャンスで燃え上がれ
今だ このチャンスで勝負を決めろ
【男性:(演奏)オイ!  (演奏)オイ! (演奏)●●!】
【女性:(演奏)オイ!  (演奏)オイ! (演奏)●●!】
我らの想い乗せー 行けー!! ●●!

 

日ハム負けちゃったけど、応援がこんなに面白いとは思わなかったです。

 

千葉幕張駅から東京へ。

東京飯は、なぜか矢場とん

f:id:muusan0726:20180509213522j:image

愛知から来たのに、矢場とん

友達食べたことなかったらしいので、付き合いました。

友達とは、ここで解散。私は浅草のカプセルホテルへ。

なんだか歩きたい気分だったので、東京駅から浅草方面へ、トコトコ歩く。

約1時間歩いたかな。

カプセルホテルに到着。

f:id:muusan0726:20180509213605j:image

シモンズのベッドが設置されている。

とっても綺麗なカプセルでした。

f:id:muusan0726:20180509213340j:image

f:id:muusan0726:20180509213401j:image

シャワーを浴びて、寝酒にビールを飲み、就寝。

海外の方ばっかのカプセルやった。

浅草がそうなのかなぁ。

東京ウォーク

2018年4月29日(日)

 

青い拳士です。

今日から、2泊3日の予定で東京に行ってきます。

 

9時発、ささしまライブから東京池袋行きの高速バスに乗っていきます。

約7時間の乗車。浜松サービスエリアで30分の休憩、海老名サービスエリアで30分の休憩を挟みます。

高速バスのチケットは、事前予約で5000円也(保険含む)。新幹線より断然安くてお得です。時間に余裕があれば。

f:id:muusan0726:20180503093457j:imagef:id:muusan0726:20180503093517j:image

新東名に乗って行くのですが、途中で富士山が綺麗に見えて感動しました。

絵に描いたような富士山。稜線がしっかり見えて。

混んで到着遅れるかなと思っだけど、そんなことはなかったです。

 

16時池袋到着。

西武百貨店屋上の食と緑の空中庭園

f:id:muusan0726:20180503095728j:image

ここで、孤独のグルメで食べられていたうどんを頂きます。

f:id:muusan0726:20180503095753j:image

月見うどん。450円也。

今日は、暑かったので冷を頂きました。コシがあってうまい。ダシも好きな味でした。卵とダシが混ざって、美味いスープになりました。

 

 

お腹を八分目にしておき、次は無敵家さんへ。

麺創房 無敵家

ぐるなび麺創房 無敵家

f:id:muusan0726:20180503100553j:image

f:id:muusan0726:20180503100704j:image

f:id:muusan0726:20180503095819j:image

げんこつ麺。750円也。

豚骨醤油。見た目ほどこってりしてなくて、アッサリしてました。美味しい。

麺は自分があんまり好きな感じではなかったなー。ちょっと太めでぶちぶち切れる感じの麺。

もう一回並んで、食べるかと言われると別にいっちゃうかもです。

 

ラーメン大好き小泉さんで紹介されて有名になったらしい?とても行列ができていて、約1時間並んだ。

 

f:id:muusan0726:20180503095843j:image

無料で頂けるジャスミン茶のほうが感動してしまったかも。濃縮液で、コップに適量いれると、めちゃくちゃ美味しいジャスミン茶になった。

3杯ぐらい飲んだかも。

 

そのあとふたたび、西武屋上へ。

ここは、ほんといいところで池袋なのに人もそんなに多くなくて、ゆっくりできました。

いい雰囲気の中で、乾杯。

いいじゃないですかー。リア充っぽくて。

f:id:muusan0726:20180503095441j:image

 

池袋でカプセルホテルをとってあったので、街をぶらついてからチェックイン。

となりがラブホ?かなんかで怪しさあったけど笑

カプセルきぬやホテル池袋

2980円也。

 

受付済ませて、エレベーターで3階の寝床へ。電源はUSBのみ。コンセント使いたかったけど、ありません。残念。

そばにロッカーがあって、そこに荷物をインします。

エレベーターで地下の共同浴場へ。

シャワー個室が1室、浴室が1室。

浴室には、4つのシャワーと1つの風呂が。誰もいなかったので浴室のほうへ。

足も伸ばせる風呂にはいりました。

いいんじゃないですかー。カプセルホテルで風呂につかれるとは思ってなかったです。

 

24時就寝。

幸先のいいスタートでした。

 

 

 

 

 

 

生産性の概念

先日、ちきりん氏の「自分の時間を取り戻そう」を読んだ。

 

この本をkindleで購入したのは、1年以上前のこと。その時、時間が上手く使えている気がしなかったからだ。

いまもあんまり使えてる気がしないから再読するとこにした。またアウトプットすることにより、自分に言い聞かせることを考えた。

 

生産性とは集中度のことではない。
あくまで、「自分が手に入れたいもの」をいかに少ない投入資源で手に入れられたかという指標です。

まず、自分の手にいれたいものはなんなのかを知らなければならない。

努力する方向性が違うと、投入する時間が無意味だ。手に入れたいものはなんなのか…

 

時間を投入することで解決する
手足を早く動かして解決する

世間の生産性は、これが主になっている。自分もそう。数年前よりは減ったとはいえ、この考えは抜け切らない…

 

忙しすぎる本質は、低すぎる生産性にある
ゆったりした生活を送ろうと思えば、生活に必要な家事、食べていくのに必要な仕事などをできるだけ高い生産性=短い時間で終わらせ、残り時間は家族と過ごしたり個人の趣味に使うというメリハリ型の生活スタイルを目指す必要がある

最近、食事は外食、出来合いのものに変えた。献立を考える→買い物する→作る→片付けするルーチンに疲れたのもある。やめたら、寝る時間も増えたし、よかったと思っている。

 

思考するのにもっとも生産性の高い方法はなにか?
もっとも短い時間でその目的が達成できる生産性の高い方法はなんだろう?

「この前と同じレベルの成果を出すのに、次は前回より3割、働く時間を減らしたい。そのためには、仕事のやり方をどう変えればいいんだろう?」

3割働く時間を減らす…自分でできることは、人にお願いしてやってもらうことを念頭におくようにした。自分が挑戦しないといけないことを自分の仕事になるようにしよう。

 

淘汰されるのは人工知能やロボットが担当したときと、人間が担当したときの生産性の差が極めて大きい仕事

テクノロジーが発達していく前提で仕事、生活していく。それを上手く利用して、行動する。

 

今の自分にとって、もっとも大切な希少資源とはなにか?ということを、正しく把握しておくことが必要です。

希少資源…時間だと言い切りたいが、お金も。

 

時間を見える化すれば、お金と同様、時間もとても大切な資源だと思い出せるでしょう。


時間を大切にするためにもっとも気をつけるべきことは、自分の時間を簡単に売らないことです。
お金が手に入るなら、人生の時間が減っても気にならないという労働時間投入型の考えに染まってしまう。

いま、気をつけていること。労働に限らず、人付き合いもだらだら時間をかけないようにしている。

 

お金について、いかに使う額を減らすかというよりも、できるだけ有効に使おうと考える。


もっとも生産性が高かったお金の使い途をリストアップする。


「価値あるお金の使い方」を意識するようになると、「自分はなににお金を使うと楽しくくらせるのか、なににお金を使うともっとも幸せな気分が得られるのか」が、わかるようになります。


大事なのは無駄遣いを減らすことではなく、価値ある支出を増やすことなのだということを忘れないようにしましょう。それがすなわち「お金の生産性を上げる」ということなのです。

スマホkindleで本やブログを読むようになってから、生産性がかなり上がったと思う。ちょっとの空き時間、移動などでさっと読めるし、どこでも持ち運びできるし、無駄がなくなった。

飲食店に行くことや、電車に乗ることがなどが楽しくなった。

 

 

希少資源とセットでもうひとつ正しく理解すべきもの、それが「自分はなにを手に入れたいのか」ということ。


自分の欲しいモノを正確に理解すること、それは自分の長年の趣味や、なにより好きだと思えることに関してさえ、簡単なことではないのです。


生産性が高い生活とは、「時間やお金など人生の希少資源を最大限有効に活用し、自分が欲しいモノを手に入れる生活」です。

これは上記でも書いたが、まだまだ詰め切れてない。

 

 

生産性は、「インプット=希少資源」と「アウトプット=手に入れたい成果」の比率
パターンA
より高い成果を出して、生産性を上げる
パターンB
インプットを減らして生産性を上げる
パターンC
インプットを増やすと生産性が下がる
パターンD
インプットを増やして成果も少しだけ上がったが、生産性は下がった
パターンE
インプットを増やして成果は上がったが、生産性は変わらない

今までは、パターンDが多かったのではないか(自己評価)

まず、パターンBを目指す。


インプットを制限する


すべてをやろうとしない

外注や分業やIT化は生産性を上げるための極めて有効な手段であるのにもかかわらず、「外注も分業もせず、ひとりの人間がすべてを担当すべし」という価値観が、日本ではまだまだ強く残っています。


無駄な時間を減らすための具体的な方法

その1
「すべてをやる必要はない」と自分に断言する
本来は常に「価値の高い重要な仕事」から手がけ、それらに十分な時間をかけたあと、残った時間で価値の低い仕事に手をつけるべきです。

 

その2
まず「やめる」
仕事であれ個人生活であれ、多くのことをやっているように見える人は、みんなが当然のようにやっていることをしていません。
「やらないと決めてから、やらなくてすむ方法を考える」

 

その3
「最後まで頑張る場所」は厳選する
「これは自分にとって勝負の分野だ」と思えるなら最後まで頑張るべきだし、むしろ20/80の時点がスタート地点であって、そこからが本当の勝負
多くのことに手を出し、その大半を数年でやめてします人のことを「なにをやっても中途半端な人」などと批判する人がいますが、私はこのスタイルのなにが悪いのかわかりません。
こういう人は、自分の貴重な時間を学びの生産性が極めて高いフェーズにのみ投入している、とても合理的な人です。

 

その4
時間の家計簿をつける

 

性格的に、断れないタイプの人間であることを自覚している。

全てを断ることはできないので、なるべく優先度が低いものは断っていきたい。

 

付き合いは、大切だと思っているので!

 

 


 

備忘録2 名言

みんな、大なり小なりあるんじゃなかろうか。

 

アカギ 天より

実は成功はなかなか曲者でよ…一筋縄じゃいかない…
最初の一つ二つはまあよいんだが…
10、20となるともう余計…
余分だ…!体を重くするぜい肉のようなもの…
それを…お前はいいやいいやで無用心に積み過ぎた…!
動けないだろ…?
満足に…!
まあ…最初は必要な意味ある「成功」だった…
勝つことによって人の命は輝き光を放つ
そういう「生」の輝きと成功は…最初つながっていた…!なのに…
どういうわけか…積み上げていくと…ある段階でスッとその性質が変わる
成功は生の「輝き」でなく枷になるいつの間にか成功そのものが人間を支配…乗っ取りにくるんだ!
「成功」が成功し続ける人生を要求してくる…!
本当は…あえてここは失敗する…
あるいはゆっくりする…そんな選択だって人はあるはずなのに…
積み上げてきた成功がそれを許さない…!

縛られている…まるで自由じゃない