こぶしにちからを

思いつきの人生ログ

ブログを書くことについていろいろ考えてみた

りー・くりすますです(*´ω`*)

 

ブロガーのブログを読んでいると、役に立つ事を記事にして、みんなすごいなぁって思います。

実際、助かる事も書いてあるし、参考になることも多いです。

 

私は、そういう知識はあんまりないので、駄文を書き綴っているのですが、その駄文が一部の人に受けたりすることあるのかもしれないかなと思ったりします。

 

なにか調べたとき、同じことどっかのブログ、サイトにも書いてあったなぁと思うことがよくあります。

 

役立つことは、誰かか重複して書いてくれるのですよね。

 

なんで、逆に役に立たない事や、自分がこんなこと思ってます!っていう、相手にとってなんの意味のないことを書いてみるのもいいかなって思います。

 

単に役に立つ記事を書けないだけですけど。

 

目的からの逆算ってことを最近よく考えます。役に立つ記事を書く人は、マネタイズが目的なんだろうなと思っています。

 

では、役に立たない記事を書く人の目的は…

 

私でいうと、アウトプットの習慣化です。これが正解かはわからないですが、なんかやってみて、足掻いてみて、わかることも多いと思うのです。

 

アウトプットを習慣化してどうする?

って思うこともありますけど笑

 

やったことないことをやって、新しい刺激を楽しみたいってこともあります。

 

多分、ブログ書いてないと、こういうことも思ってるけど、頭でボヤッと考えて終わりになっているんだろうなって思います。

 

紙に書き出すと考えがまとまることありますけど、それに似た感じですね。

 

なので、アウトプット続けていけば、数珠つなぎ的に色んな考えが浮かんでくるのではないかと思ってます!