こぶしにちからを

思いつきの人生ログ

早起きは三文の徳と言うけれでも、身体に負担をかけすぎないこと

りー・くりすます(@muusandayo0726)です(*´ω`*)

 

f:id:muusan0726:20181101210612p:plain

最近、早起きできなくなってきました。

寒いのもあるのですけど、朝ゆっくり起きたほうが

身体の調子がよいからです。

 

なので、目覚ましは6時30分には鳴るのですが

デッドポイントの7時40分まで再び寝てしまいます。

 

気づいたのですが、

夜9時、10時に寝ても

朝6時に起きるときには眠いのです。

何時に寝ても、朝は眠いのです。

8時近くに起きると全然眠くないのは、本当は、その時間に起きるのがベストと身体が言っているのでしょう。

 

なので、睡眠時間も大切ですが、起きる時間も大切ではないのかと思いました。

 

早起きは三文の徳と言いますが、人それぞれ、身体にあった時間帯を生きるのが

一番いいのではないのかと思いました。

 

私達は、幼稚園のころから今のいままで、時間になったら起きて学校なり会社なりに向かいます。決められた時間に行くということは、なんて身体に負担がかかることなのでしょうか。

 

本当は、自分が一番効率よく動ける時間帯があるのに、強制的に動かなければならない。

 

人生はつらたんです。

 

おしまい( *´艸`)