こぶしにちからを

思いつきの人生ログ

労働力を投資として考える

りー・くりすます(@muusandayo0726)です(*´ω`*)

 

今日も橘玲先生の本を読みました。

その中で感銘を受けた文書をツイッターにツイートしました。

 

 

人的資本とは、自らの労働力を労働市場に「投資」して給与や報酬という「富」を得ることです。

 

仕事でも遊びでも、それをカネに換えて生きていきます。

 

それに加えて、どれだけ有意義に時間を使えるかです。嫌のことで稼ぐよりは、楽しいことで稼ぐほうがいいですし、多くを稼ぐことができれば更によいと思います。

 

他人に羨まれる仕事、遊びより、自分が気持ちいいと思える仕事、遊びを探し続けていかないといけないですね。そう、現状に満足してはいけないのです。

 

最大限に生かすには、情報をとり続けることです。

知らないことが、どれだけ損をしているかということを知っておくべきです。

 

行動しないこともそうです。行動しないことによって、どれだけ損をしているか知っておくべきです。

 

こういうふうに思っていることを記事に残しておくことが大切なのかなと思って書いてみました。

 

時間がたつと忘れるのですよね。

歳をとって、この記事を読んだときに後悔していないように、日々精進していこうと思いました。

 

おしまい( *´艸`)