こぶしにちからを

思いつきの人生ログ

私のパチスロ歴を書いてみましたが、勝てないことがわかります

りー・くりすます(@muusandayo0726)です(*´ω`*)

 

10年くらい前、パチスロが全盛期だったころ、

毎日のようにパチ屋に行っていました。

 

f:id:muusan0726:20181229193020j:plain

 

なんで毎日行っていたのかというと、単純に面白かったというのもありました。最初のうちはですけど。

 

あと、給料以外の副収入が欲しかったというのはあります。

 

結局、トータル負けでやめてしまいました。

お金のなくなりかたが半端なくて、増えたり、減ったりが、激しくて

かなり精神的に負担が大きかったです。

 

当時の打ち方は、よい設定を打ち切る。これがまた波が激しい台が多かったので、朝一から激しくでることもあれば、天井まで持ってかれることもあり、かなり大変でした。

種銭がなくなり、キャッシュコーナーに走ることも多々ありました。

 

あと、心が折れて台を離れて、別の人が打ち始めて、激しくでるとか。

苦行でした。

 

その後、まったくやらなかったのですが、

 

 

2年くらい前に再びもう一度チャレンジしました。

 

結果は、1年頑張ってトントンでした。

 

ハイエナやったり、設定がよさげな台を打ったりしていました。

 

スロットで勝つには、試行回数が必要です。

なので、その試行回数を追い求めていましたが、そんなにいい台も落ちていることはそうそうないので、近似値を狙ってしまいます。

 

そして、それがトントンになる理由です。

勝つためには、決めた回転数から打ち始める、辞め時を守る。

そして、試行回数を多くする。

 

その繰り返しです。

 

そういう立ち回りをしないといけなかったですが、次の台が見つからないとか、コインの余り分を換金するのが面倒だとか、そういうちょっとしたことの積み重ねを大事にしなかったため、勝ち切れなったのです。

 

大体負けこんでいる人は、遊びでやっているか

稼ぎたいけど、自分自身をコントロールできていない人だと思います。

 

私は、自分自身のコントロールができなかった人ですね笑

 

 

おしまい( *´艸`)